ぶっかけ戦士、「新制服鼠小僧」様からの投稿画像
同級生、エリカが脱いだばかりの制服を家に持って帰り、凌辱したという記念写真です。
僕の餌食となった制服を着ていた彼女は、某運動部に所属していました。
人出が少ないある休日の部活日に女子部室の鍵を苦労して開けて中を覗くと
彼女の脱いだばかりの制服がハンガーにかかっていたのです。
そのまま部室に侵入した僕は、その光景を写真に収めるとハンガーに掛かっていた制服を
持っていた袋へしまい込み、そのまま一目散に自宅へ持って帰ってしまったのです。
そしてまだ彼女の匂いがする制服を自分の部屋に広げて一物で存分に制服のスカートを凌辱したのでした。
スカートは撥水加工がしてあるため、粘度の低い先走り汁は小さな玉になって弾かれてしまいます。
しかし、その後からたっぷり出たドロリとした精液本体は、うまくスカートの布地にへばり付くことができました。
スカートの外側へ、そして内側へとタップリと僕の劣情が詰まったエキスをかけまくりました。
放出が終わると一気に萎え、罪悪感に苛まされましたが、もう返す気は絶対ありません。
事が終わった後このスカートを洗濯し、自分の部屋の中に隠しました。
犯行当日、部室の鍵を開けたままにしておいた所、外部の人間が校内に入って同様の部室荒しをした
という偶然も手伝い、僕の犯行は上書きされてしまい、嫌疑がかかるようなこ とはなかったのです。
それからの僕は昼間は学校で彼女の姿を目に焼き付け、夜になると着るには少し小さい
この制服を取り出しては欲情の捌け口にしているのです。
実は今、着ることができる少し大きめの制服を求めて疼き始めています。
ただ、あのような偶然は二度と起きそうにもなく、この性癖がバレて人生を棒に振るのが恐くて
なかなか手が出せません。